たった10日間で入学祝いを覚える方法!
ホーム > 美容 > する側とされる側を経験して

する側とされる側を経験して

いきなりで失礼ですが私はマッサージを受けるのが苦手です。昔からむすがゆくなってしまい気持ち良いと感じることは中々ありませんでした。肩を揉まれたり背中を揉まれたりすることが不思議と変な感覚になってしまいました。

しかし、現在の私の職場は千葉県の市川市に接骨院を提携として開いておりそこでの手伝いも行っている以上は受ける立場もしっかりと理解しなくてはいけませんでした。私自身は特に資格も持っていませんし、メインとして従事することは特にはありませんが何かの手伝いやお客さんとの会話をつなぐ際には必要なスキルとして備えるべきことかもしれません。

実際に上司のマッサージ(電気治療と鍼灸治療も含めて)を体験していつまでも否定的な感情を持ってはいけないと感じました。随所で気持ちが良いと感じましたがかゆい気持ちは変わりませんでした。

しかし私が抱いていた印象と大きく違った部分は今日では手もみ以外の部分が格段に発展しているところの驚きでした。その点に関しての偏見はすっかりなくなりまして。むしろ効能に対してもっと勉強したい気持ちも湧いてきました。

後に人体の構造についてマッサージの面から見た本を読んでみましたが、ツボなどの理解はとても難しく受ける立場からは想像もできない大変さを感じました。

港区内ならスピード出張マッサージ